-X−90(エックス90)-



-コンセプトモデルをそのままに-
 

 1993年の第30回東京モーターショ
ーに参考出品された。それがデビューだが
試乗登場は1995年10月まで待つこと
になった。

 コンセプトモデルのネーミングが、その
まま市販化されたように、モデル自体もほ
ぼそのままの形でリリースされた。
 型式はE−LB11S。


 
 オープン、というよりも、タルガトップ
を意識した方が、X−90のスタイルは素
直に受け止められる。
 3Boxのボディーは、丸みを強調して
いるが、よく見ると柔らかながらブリスタ
ーフェンダーを有し、そこそこにマッチョ
である。
 2シーターとしての割り切りと、着脱式
グラストップによるTバールーフ化。カル
タスセダンのようなトランクリッドからテ
ールへの流れを持つこのユニークなボディ
ーの下には、エスクードのショートモデル
シャーシが、そのまま収まっているのだ。


 
 このスタイルにして、ラダーフレーム
とローレンジを備えた4輪駆動。
 ある意味、エスクード以上にアーバン
・フィールドのクロスオーバーが具現化
している。搭載されるエンジンも、エス
クード同様G16Aの1カム4バルブタ
イプ。サスペンションも、当然、フロン
トにマクファーソンストラット、リアが
センターウィッシュボーン。
 1100kgという意外にかさむ重量
から、高速側でのパワー不足が見られた
ようだが、それはおそらく、スタイルが
見せる「走りそう」という印象からの評
価かもしれない。
 トルクはそれなりにある。
 街乗りやフラットダートの林道では、快適ではないが心地よい(なんと微妙な表現)
ドライブを楽しむことが出来る。
 2シーターであることを受け入れるのは、X−90を所有する必須条件だ。だから
収納スペース(トランクルーム内は、グラストップを収納すると、積載容量をそれな
りに失う)の少なさが泣き所なことを除けば、初代エスクードに乗り慣れたユーザー
は、室内空間に不満を持つことはないだろう。


 
 X−90は、ユーザーを選ぶモデルかも
しれない。やはり、セカンドカーとしての
選択にも、多少の勇気が要るだろう。
 しかし1台の車に何もかもを望んでいる
と、この手のRVを楽しむチャンスとは巡
り会えない。車そのものの楽しみ、遊びの
感覚。それを味わう意味で、エスクードコ
ンバーチブルやレジントップを凌駕する魅
力がある。バブル全盛期にこの車が登場し
ていたら、エスクードとは異なるRVジャ
ンルを開拓していただろう。






<< Back
 ・ 
Title >>